桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【ジャンプラ】ファイアパンチ 第16話と第17話!思っていた以上にベヘムドルグが・・・

   

20160816_I_1_

先週分と合わせての記事となりました!ファイアパンチ!巷ではオリンピックにSMAP解散騒動と賑やかになっており、話題に事欠かない夏となっているのではないでしょうか!

スポンサーリンク

ドマを殺すためのレッスン!

16話ではトガタの提案を受け入れたアグニが戦闘術と祝福の使い方、そして英会話を仕込む回に!

 

ここで時間をかけるのか、と思っていたのですがたんたんとレッスンの日々を描く形で過ぎていきましたね。

 

そのレッスンの過程で感情が枯渇するというのでしょうか。再生の祝福者特有の苦悩話も出てきていましたが、ここはたしかに納得ができる理由でしたね。

 

トガタが300年生き続けてきた理由も納得できるところです。

 

そして16話の締めはドマを殺しにいく準備が完了という形で終わるかと思いきや、監督トガタがベヘムドルグに唐突の訪問!

 

そしてアグニを殺す算段を持ちかける所で終了という展開に!物語がトガタ中心に回り始めていますね!

 

第17話を見ると・・・

訪問したトガタの行動を見ているとちょっとアグニが頑張るであろうこれからの展開が不安になってきました・・・。

 

訪問したトガタはベヘムドルグの街中に爆弾を仕掛け自分に手を出せない状況に・・・。

 

トガタが戦闘面で万能すぎて敵が小さく見えてきてしまいますね。

 

そして宿敵であるドマの元へユダに案内をさせるとトガタのテンションもガタ落ち状態に!

 

宿敵であるドマ自身の現状がこれでは監督的にもNGを出さざるを得ないでしょう。

 

しかもここで驚く情報としてすでにベヘムドルグには戦える祝福者がいないとの衝撃のユダの告白。

 

普通の兵士はそれなりにいても、祝福者はやはり少ないというところでしょうか?

 

ですが、正直これくらいの戦力なら捕虜として捕まってる祝福者たちで反乱起こりしてもどうにかなるのでは、と思いしましたが、そこは置いておきましょう!

 

ドマの現状と戦闘できる人間がいない状態に苦悩するトガタですが、ここでユダから一つの提案が。

 

困った時の囚人頼り!このベヘムドルグの地下には国に被害を及ぼすような危険な祝福者を死刑にするために幽閉している地下牢が存在しているというのです!

 

やはりバトルものでは、強敵といえば制御しきれない囚人というのは頼りになる存在ということですね!

 

今までの偏った祝福ではなく、特殊な祝福を持っていることが期待されます!

 

また、実際にトガタとしても映画を面白くするためにはアグニが負けて苦悩する必要があるというとても歪な愛情表現というか映画愛というか自分に素直というか・・・。

 

歪な愛情表現は最近の作品だと何かと見受けられますが、やはりそれなら『特攻天女』くらいの歪さが欲しいところですが!

 

それでは、新たな祝福者ということで期待をしつつ次週を楽しみにしたいと思います!

 - エンタメ