桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【プチ断食】やり方と効果のほどは?それに加えて食事方法も変えれば効果は◎

   

20160621_I_1_

ダイエットは様々な手法がありますが、どれもリバウンドが怖い・・・無理せずに長期を意識したダイエット法について記事に書き留めておきたいと思います!

 

スポンサーリンク

ポイントは無理せず長く続けること!

断食という言葉はなんか痩せそう!という反面我慢できるのだろうか・・・と不安になる人もいるはず!

 

そんな人たちに気軽にお勧めできるような形に落とし込んでいる、というところでしょうか?

 

そんなプチ断食、食事の間隔調整を行うことで『半日』を基準に行うものや『1日』を基準に行う方法があります!

 

『半日』の場合、ここでのポイントは『夕食』から翌日の『昼食』の時間を18時間ほど空けるというもの!

 

これは人の身体が食事を消化吸収を終えるのにかかる時間だそうです。

 

この18時間を空けることで内臓に休息を与えるという考えなのです!

 

なので夕食から昼食までの間は固形物は摂取せずに水分補給で凌ぐという形になります。

 

『1日』の場合は1日まるまると固形物は摂取せずに水分補給で凌ぐというもの!

 

こちらはいきなりやると我慢するのが大変そうなので、『半日』で慣らしながらじょじょに取り組んでいくのがよさそうですね。

 

また、『1日』食事をしなかった際の翌日の食事ですが、いつもの調子で食べるのは胃が驚いてしまうので、朝食~昼食にかけてはお粥やお味噌汁など、固形物や油ものは控えておくのがよいです。

 

夕食は朝昼と胃を慣らしてきているので、通常通りに食事をして大丈夫です。(油ものは避けたほうが無難ですが)

 

このプチ断食ですが、18時間とはいいませんが、忙しい人は結構朝食を抜いて珈琲だけ!とかの方も数多くいるので、知らず知らずのうちに実施している方も多いのでは?

 

そういう方だと逆に夜が遅いので18時間空かないということも考えられそうですが。

 

普段の生活にこれを自然と取り入れられれば、少しは私も健康体になれるでしょうか・・・。

 

でも、食べれないって思うとついつい普段気にしないものまで食べたくなってしまいますよね。

 

ちょっと感想などをあさってみたところ『半日』の断食に加えて昼食と夕食で食事をしっかり噛んで食べると、満腹感を得られるから食事量も自然と落ちる的な情報も見かけましたね。

 

小さい頃にご飯をしっかり噛んで食べるということがここで重要になってくるとは・・・。

 

ちなみにご飯を100回近く噛んで食べるとちょっと試せばみなさんわかるのですが、その時の食事量は驚くほど少なくなると思います。

 

興味本位で試してみるとおかず+お茶碗で一杯を食べるのも正直きついほどでした。

 

そして満腹感に加えてもう一つ厳しいのが、『100回も噛んだらご飯がおいしくない』という現実ですね。

 

口の中でしっかり噛んで身体というか消化しやすい状態でとても健康なのはなんとなく理解できるのですが、良薬は口に苦しではありませんが、ご飯はおいしく食べたいよ!という人は噛む回数は意識しても30回くらいにしておくのが良いかと!

 

気にする人はとことん気にする体重。

やはり一つの目安は『BMI』の数値かと思います。

一般的に日本人の基準値は男性は『22.0』で女性が『21.0』と決められています。

その上下の数値を見てみると

18.5以下は痩せすぎ
18.5~25.0は健康的
25.0以上は肥満体型

という状態になるようです。

私自身の体験による体重の落ち方ですが、今回記事にした『食事量を減らして減量する』という方法は、BMI数値で健康的と言われるラインである『25.0』まではかなりいいペースで落とせます!

 

ですが、そこから標準体重と言われるラインまで落とす時はかなりペースダウンするという感じですね。(というか標準体重まではまだ落とせていませんが・・・)

 

ですが、おそらくダイエットを決意される方は私もそうでしたが、肥満だぞー!という危機感から始める方が多いと思いますので、まずはこのプチ断食でみるみる体重が減るという体験をしてみるとやる気が継続するかと!

 

ちょっとお腹回りが気になったりしている方はちょっと試してみてはいかがでしょうか?

 - 生活・小ネタ