桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【ジャンプラ】ファイアパンチ第7話 安定の鬼畜で希望が見えない

   

20160602_I_1_

今週は主人公よりもサンとネネト側のお話が中心でした。犬を連れたおっさんは実際のところどんな人物か気になる方も多かったのではないでしょうか!

スポンサーリンク

期待したのが間違いでした

ということで、安定の鬼畜っぷりが発揮されたわけですが、この物語はいつか希望が見える日がくるのでしょうか?

 

そうです。犬を連れたおっさんですが、会話や物腰の柔らかさなど、なかなか紳士っぷりを見せつけてくれたわけですが、そのまま自然な流れで、サンとネネトに犬とのセックスをさせようとするこの世界観に相応しい言葉をはいてくれました。

 

ここまでの展開は少年誌ではまず、お目にかかれないほどの畳みかけですね。そして流れのままにサンが男の子という事実も発覚。

 

ここまでくると逆に見ていて清々しく・・・はなりませんね・・・。ですが、そんな事実が発覚した隙をつき、サンの祝福の力でおっさんから脱出!

 

部屋から飛び出し駆け出す二人の笑顔がまぶしいです。ですがドジっ子のサンは駆け出したところで転んでしまうというアクシデントが!

 

ここで普通の漫画ならおっさんに追いつかれそうになったりと、ハラハラドキドキな展開となるのですが、ここでもさすがファイアパンチは期待を裏切りませんね。

 

なぜならサンが転んだのは『両足を切断された』から、転んだのですから。

 

再生系の主人公ならともかく、まさかサンまでこのような事態になるとは・・・。部屋を出た所に犬のおっさんの弟が待機しており、そいつの遠慮のない一撃によりサンの両足は失われてしまいます。

 

出血で大変かと思いきや、犬のおっさんの祝福(治癒?)により傷口は塞がりました。(再生ではないので両足はない状態で・・・)

 

この逃亡劇でサンの祝福の力は利用できることがわかり、命は拾ったもののその祝福の力を一生酷使されるであろう宣告を受けるハメになります。

 

一方、主人公側は復讐の対象である炎の祝福者が『心の病気』という情報が!これで復讐の対象がすでに廃人状態だともう目もあてられませんよね。

 

今回も期待していた自分を叱りつけてやりたいほどの、展開となりました!

 

たしかに初期展開から一変する漫画は多々ありますが、この物語はどのように話を持っていきたいのでしょうか・・・?

 

逆にこれだけ落としてからの逆襲的な展開になれば燃える展開になりそうですが、それを期待するのはちょっと厳しそうですね・・・。

 

来週もさらに落とすのか!はたまた連載始まって以来の上げ展開になるのか!ここまできたら読むのを止めるわけにはいきません!

 

覚悟だけはしておきつつ、来週を待ちたいと思います!

(よくある、サンが拘束されたまま無慈悲に祝福を強要される描写がそのうち出てきそうとは思っていますが・・・)

 

 - エンタメ