桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

ギネスブックにも認定される!ライオンにも立ち向かう『ラーテル』とは?

   

20160312_I_1

日本の方にはちょっと馴染みのない動物『ラーテル』。たしかに普通に生活していたらそのような動物の名前が飛び交うことはないですよね。今回NHKの『おかあさんといっしょ』の人形劇『ポコポッテイト』の終了に伴い『ムテ吉』の元ネタの動物である『ラーテル』について調べる人が多かったのでまとめてみました!

 

ギネスブックでも認定!世界一怖いもの知らずの動物

ラーテルを検索するとまず出てくるのがこれです。一番わかりやすくインパクトのある紹介ですね。

ラーテルは小型のイタチ科の哺乳類に分類されています。体長はおよそ80~110cm、体重は7~14kgと大きさは犬猫と大差がないんです。生息地域はアジア大陸とアフリカ大陸となっており、サバンナや乾燥した草原、森林などに生息とのことです!

そんなラーテルがどんな姿をしているのかというと、こちら!

 

20160312K_11

これはもう一目見ただけで「ヤバイ」と直感が告げてくれますね!こんなのと遭遇したら命を簡単に諦めてしまいそうです。しかもこれが『ムテ吉』の元ネタなんてことになったら、子供だけでなくお母さんまでトラウマになりそうです。

実際のラーテルはこんな感じです!

20160312K_2
表情はとても愛らしい!

ですが、このラーテルは雑食で目に入った獲物(小型の動物や果実)を手当たりしだいに食べるという獰猛ぶり!また捕食せずとも人やライオンにも立ち向かうのです!さすがギネスに認定された怖いもの知らず・・・。

このラーテルを怖いもの知らずな性格にさせる要因とも言えるのですが、それが背中の柔軟な皮に秘密が!この皮はライオンの牙も爪も通さないという天然の装甲となっているのです!

生まれつきの鉄壁防御ですね。ですが、お腹側は通常の動物並みの皮なので裏返しにされてしまうとやられてしまうかもしれません!

 

ライオンに立ち向かうし、毒にも強い!

もう一つラーテルの特徴をよく表す話があり、こちらは雑食ゆえに備わったものなのか、毒に対しての強い耐性をもっています!なので毒蛇に噛まれても一時的に動けなくなりはするものの数時間立つと回復するということなのです!(そのまま締め付けられたりしたら危なさそうですが・・・)

なので毒蛇をそのまま食べても大丈夫!と言い換えるほうがすごさが際立ちそうですね!

あまり知られてないながらも、これだけのすごい話が飛び出てくるラーテル。

そんなラーテルのすごさを理解している人もおり、なんと南アフリカでは戦闘車の名称に採用されているほど!

なかなか動物園でも見かけることはできないですが、見かけた際は見た目の可愛さに騙されないように注意してくださいね!

 

 - 生活・小ネタ , ,