桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【鉄腕DASH】道の駅『たまつくり』行方バーガーがご当地色が強すぎる!

   

20160417_I_4_

本日放送の『鉄腕DASH』にて放送された『たまつくり』ここは霞ケ浦沿いに位置している綺麗な道の駅なんですね。
そしてそこで売っていた行方バーガー!かなりご当地色の強い商品になっているようです!

スポンサーリンク


TVだと一瞬で確認できなかった方もいるかもしれませんね。行方バーガーは4種類あり、なかなか食べるのに勇気がいる商品もあります・・・。

『こいパックン』

霞ヶ浦産の鯉を特製ソースで味付けしたパテを使用。わさび菜・水菜・玉葱をトッピングする。「こいこい」のみで販売、1個400円。

『ぶたパックン』

パティは茨城県産の豚肉と玉ねぎを使用したメンチカツ。ケチャップとソースで作った「行方特製ソース」で味付けした。サンドする野菜はなめパックンと同じで、1個380円。

『かもパックン』

地元合鴨農法で育った鴨肉と鶏肉をミックスし、てりやきソースで味付けしたパティを使用。トッピングには行方市出身とされていた初代筆頭局長「芹澤鴨」にちなんで、セリや練り梅を使用する他、酢バスや黒コショウでアクセントを加えている。「こいこい」のみで販売、1個500円。

『なめパックン』

霞ヶ浦で養殖されたアメリカナマズのカマ肉(胸びれの付いている部分)を中心に玉葱と蓮根を加えたパティを使用。
天然物とは違い、養殖ナマズには生臭さがない[2]。タルタルソースと1振りのチリソースで味付けする。ほか、わさび菜・レタス・きゅうり・トマトをサンドしていて、1個500円。

 

この中で『豚』と『鴨』は他でも聞くので抵抗は少ないかと思います。

ですが、『鯉』と『なめ』・・・。しかも『なめ』とは『ナマズ』のことなんですね!ご当地ものとはいえ、バーガーでナマズは・・・なかなか刺激的な思い出になりそうですよね!

無難な食べ物よりも、好きになる人もいるかもしれませんし、このご当地メニュー『行方バーガー』一度食べてみるのもいいかと思いますよ!

 

 

 - エンタメ