桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【例大祭】上海アリス幻樂団の新作はCD!ということは秘封倶楽部!

      2016/04/22

20160413_I_1_

今年は2日間休めれば9連休といううれしいGW!そんな最終日に開かれるお祭り『例大祭』東方好きな方にはたまらないイベントとなっていますね!

そんな盛り上がりを東方シリーズですが、その生みの親である『ZUN』さん。今年はなんと音楽CDで参戦する模様です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

久しぶりの音楽CD!たしかにそうですね!

元々楽曲を作りたい!ってことでシューティングゲームを作成し、次々と凝った楽曲を世に生み出してきたZUNさん。

東方じたいもゲーム性の人気に加えて『東方ヴォーカル』というBGMに歌をつけて歌うという音楽関係の盛り上がりも波ではありません!

東方の歌を好きな方が好きにアレンジしたりするので、とても自由なのも魅力的ですね!動画サイトで歌が上がっていたり、動画のOPになっていたりして、そういう方面からファンになる方も少なくないようです!

例えばこんな動画ですね!(歌は8:35より)
なぜ、艦これなのかは聞かないでください。



 

そしてそんな魅力的な楽曲を届けている上海アリス幻樂団の音楽CDはこちらとなっています!

「燕石博物誌 ~ Dr.Latency's Freak Report.」

1.他愛も無い二人の博物誌
2.凍り付いた永遠の都
3.Dr.レイテンシーの眠れなくなる瞳
4.九月のパンプキン
5.須臾はプランクを超えて
6.シュレディンガーの化猫
7.空中に沈む輝針城
8.禁忌の膜壁
9.故郷の星が映る海
10.ピュアヒューリーズ ~ 心の在処
11.永遠の三日天下

 

なんと第一弾CDからすでに14年の月日が流れているとご自身のブログで言っていました!(長い)

 

価格はイベント価格ということで500円!これは好きな人にはたまらない一品となりそうですね!

 

そしてこちらも書いてあったのですが、『CD』として発売について、CDというメディアじたい音楽ダウンロードの波に飲み込まれ幻想入り寸前だなぁ・・・と。

 

たしかに改めて言われると・・・と思うかもしれませんが、私的な意見としては『CD』じたいもうれしいのではないのかな、と!

 

私は漫画等も好きでよく読みこういう記事を書いている以上パソコンや電子ファイルじたいにも抵抗は感じません。というかパソコンないと死んじゃいます。

 

そして電子書籍も重宝しています。なにせ紙が劣化しませんしスペースもとりませんので。

 

ですが!

違うんですよね。実際の漫画と電子書籍の漫画では!内容が違ったらクレームをいれますが・・・。

 

何が違うかというとこの表現が正しいかは自信ありませんが、厚みというか実感というか・・・

 

『自分の物になったんだ!』っていう達成感に似たようなものかもしれません。かと言って電子ファイルに価値がないかと言われればそんなことはぜんぜんないので、決して電子ファイルを否定しているわけではありません!

 

『物』として触れられるということで、実感が沸くというのが一番近いかもしれませんね・・・。

 

なので、この時代に逆にCDで発売される!それは逆に貴重かもしれませんよ!

 

 - エンタメ