桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【デスノート2016】菅田将暉さん演じるもう一人の天才。紫苑優輝とは!

   

20160405_I_4_

以前に『デスノート 原作、映画、ドラマ情報まとめ』でも書いた『デスノート2016』の続報が公開されました!その続報は『菅田将暉さん』演じる紫苑優輝(しえん ゆうき)の情報となります!サイバーテロリストという現代風な設定はワクワクしてきますね!

スポンサーリンク

『狂気の天才にして、サイバーテロリスト』設定がすごい

今回の『デスノート』では月とLがいない世界での戦いとなります。なので登場人物は映画オリジナルのキャラクターとなるため、やはり異名に力が入っていますね。

私の中二心を刺激する異名が付けられています。

『Lの正統後継者』

『思想を持たない殺人鬼』

『狂気の天才』

デスノートと月とLというネームバリューに対抗するにはまずは形から入らないといけませんし、この異名に劣らない活躍を期待したいという思いもあります!

そして今回シーン画像が公開となったのは『狂気の天才 紫苑優輝』です。

今回のデスノート2016ではデスノート争奪戦という触れ込みがあり、この紫苑もサイバーテロリストらしいハッキング能力を用いて争奪戦に参戦するのです!

この紫苑の人物像も公開されており、原作を読んでいる方にわかりやすく説明すると『海砂』の背景に『魅上』の思想と行動力が乗っかったような人物となっています。

過去に一家全員を惨殺され、その犯人をキラが裁いてくれたことでキラを『神』と崇めるようになり、キラの思想でもある『凶悪犯罪者を粛正し新世界を作る』ということにも賛同しており、紫苑なりに新世界を作るようネットの中で大暴れするというキャラクターなのです。

この紫苑を演じる『菅田将暉さん』は原作ファンでもあるようで、「メロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージです」とのコメントを発表してくれています。

メロとニアを足してLを超える存在感を期待したいところですが、メロとニアはトリッキーかと言われると少し考えるところがある気がしますね・・・。

原作ではメロに足りない部分として『冷静さ』があり、ニアに足りない部分は『行動力』となっていますが、二人に共通する部分として『権力にものを言わせれば解決する』的な考えが前面に出ていたので・・・。

(メロはマフィアでハイジャック、ニアは国家予算バラまいて逃亡、間違えたらごめんなさいでOK等)

この部分が原作で1部が人気で2部が低迷した部分でもあると思っています。

(Lの場合は自身でのキラへの接触や過去に捕まえた裏の犯罪者を活用する等)

ですが、まだこの紫苑というキャラクターは、イメージの定着は皆無!実際にみなさんの目に触れた時にどのようなイメージで定着していくのか公開までが待ち遠しくなりますね!

やはりデスノートといえば、チート設定のデスノートを活用した『高度な頭脳戦』というところが気になるところですし、狂気の天才をどのように表現されるのか、これからの続報にも期待しつつ戸田恵梨香さんのミサミサを応援していきたいと思います!

 

 - エンタメ