桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

第88回アカデミー賞発表!!作品賞には『スポットライト 世紀のスクープ』が!!そして通算5度目のノミネートでついに・・・あの人がオスカー獲得!

   

akademi

つい先日の2月29日にアメリカで映画の一大祭典となる【アカデミー賞】の受賞式が行われました!
まずは受賞した一覧がこちらになります!

作品賞  :【スポットライト 世紀のスクープ】
主演男優賞:【レオナルド・ディカプリオ】
主演女優賞:【ブリー・ラーソン】
助演男優賞:【マーク・ライランス】
助演女優賞:【アリシア・ヴィカンダー】
監督賞  :【アレハンドロ・G・イニャリトゥ】
脚色賞  :【マネー・ショート 華麗なる大逆転】
脚本賞  :【スポットライト 世紀のスクープ】
撮影賞  :【レヴェナント 蘇えりし者】
美術賞  :【マッドマックス 怒りのデス・ロード】
音響編集賞:【マッドマックス 怒りのデス・ロード】
録音賞  :【マッドマックス 怒りのデス・ロード】
編集賞  :【マッドマックス 怒りのデス・ロード】
作曲賞  :【ヘイトフル・エイト】
歌曲賞  :【Writing’s On The Wall】
衣装デザイン賞      :【マッドマックス 怒りのデス・ロード】
メイク・ヘアスタイリング賞:【マッドマックス 怒りのデス・ロード】
視覚効果賞        :【エクス・マキナ(原題)】
外国語映画賞       :【サウルの息子】
長編アニメ映画賞     :【インサイド・ヘッド】
短編アニメ映画賞     :【ベア・ストーリー(原題)】
短編実写映画賞      :【スタッタラー(原題)】
短編ドキュメンタリー賞  :【ア・ガール・イン・ザ・リヴァー(原題)】
長編ドキュメンタリー賞  :【AMY エイミー】

 

映えある作品賞はスポットライト 世紀のスクープに!

映画にさほど興味がない人でも気になる部門。それはやはりオスカーと作品賞ではないでしょうか。

今回その作品賞を受賞したのは『スポットライト 世紀のスクープ』

カトリック教会のタブーに挑む新聞社を描いたストーリーとなっています。

ある新聞社が教会の神父による性的虐待事件を掘り下げる方針を打ち出しその担当を任された4名。その4名とは独自の極秘調査に基づく特集記事欄『スポットライト』を手掛ける記者たちだったのです。

真実を探るにつれて明らかになっていく教会の罪と隠ぺいシステム、そしてそのおぞましい実態をチーム一丸となり暴いていくというストーリーになっています!

興味のある方はトレーラー動画を見てみるのもおすすめです!

特に

「君の探している文書はかなり機密性が高いね。これを記事にした場合、責任は誰が取る?」

に対して

「では、記事にしない場合の責任は?」

の掛け合いは胸にくるものがあります!

 

6部門受賞!マッドマックス 怒りのデス・ロード!

並べただけでも一目でわかりますね。

なんと6部門受賞という快挙を成し遂げた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

作品的にはド派手な演出やバトルが目を引くと思いますが、受賞した賞を見ると派手さだけではないスタッフたちの力が見えてきますね!

マッドマックスシリーズとして27年ぶりの新作だから。というだけでまとめてはいけないほどの難航を極めた作品ですね!

 

5度目のノミネートそして・・・ついに!!

そしてなんと言っても今回は主演男優賞ですよね。

20代後半以上の方ならおそらくかなりの知名度を誇るあの人がついに栄光を手にしました!

そう『レオナルド・ディカプリオ』がついに悲願のオスカーを獲得したのです!!

日本の人ならディカプリオといえばもう一番に出てくるのが1997年に公開され数多くの興行記録を塗り替えた映画『タイタニック』ですよね。

あの悲劇の主人公の役柄は今でも完全にマッチしているとつくづく実感できます。

ですがこの年のアカデミー賞では『タイタニック』はなんと歴代最多の14部門にノミネートされているのですが、まさかの主演男優賞は落選。

さらなる悲劇がジャックに襲い掛かったのでした。そしてジャックことディカプリオの悲劇はこれだけではありません。

2003年に公開された映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』

主人公アムステルダムを熱演するもまさかノミネートされたのは仇敵役を演じた『ダニエル・デイ・ルイス』という結末に。

ですがそんな苦難を乗り越えてついに『レヴェナント 蘇えりし者』にて主演男優賞を受賞!!

悲願達成に喜ぶディカプリオはほんとに幸せそうでしたが、それよりも喜んでいたのはタイタニック以来20年近く友情を育んできた『ケイト・ウィンスレット』でしょう。

二人の熱い抱擁は見ているこちらも笑顔になってしまうほど胸にくるものがありました!

 

この受賞をきっかけにますますの活躍に期待したい所ですね!

 

 - エンタメ ,