桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【ジャンプラ】ファイアパンチ 10月31日最新 第27話 物語が広がりそう!

   

20161031_i_1_

アグニの指示で無事?ベヘムドルグから逃げ出すことに成功した奴隷たち。

ちゃっかりトガタもそちらに加わっており、やはりトガタとは無縁だったようで素性を探ります。

 

スポンサーリンク

サンを助けた時の人たち?

自らをアグニ信者というこの増援者たち。

 

すでに伝説という形で人づてに伝わり始めているということなんですね。

 

実際にアグニに助けられた人もいるという所から、成り行きでサンを助けたりした時のその他の人々というのが一番しっくりきますね。

 

ベヘムドルグに首だけ状態で連れてこられるまでは、道行く兵士たちを燃やし尽くしていたわけですからね。

 

そんな伝説の話を聞いたトガタは自分のヤラセよりも面白い展開に上機嫌!

 

トガタの強さから考えると、成り行きを見守る存在のほうが似合っているのでこの展開はとてもありかと!

 

ですが、トガタの中ではやはりオチはバッドエンドの様子。

 

これは、トガタの願望なのか、それとも燃やし尽くす炎を纏っている以上、最後は必ず・・・ということを言いたいのか。

 

私的な解釈ですとここは、この世界そのものに対して言ってるのかな、という所ですね。

 

残されたアグニとユダ

ルナではないことを再確認したアグニの口から放たれる言葉は死にたいなら死ねばいい。

 

でも自分の見えない場所で死ね。と。

 

ですがユダの口からも衝撃の言葉が・・・。

 

もうユダはアグニの炎でしか死ぬことができない。

 

なぜなら、あの街の壊滅でドマは死んでいるだろうと。

 

以前首からでも蘇ったようにユダもアグニ並みの再生祝福を持っています。

 

ベヘムドルグでユダが死ねないといったのは、役目を終えたユダを殺すという使命があったということでしょうか。

 

あっさりと復讐が終わったことを告げられたアグニ。

 

ここでさすがにドマが死んでいることはない、と思いたい所ですが、

 

残された燃やし尽くす炎の所持者がアグニだけのほうが物語的には盛り上がりそうですね。

 

そうすればユダがアグニに殺してもらうために同伴するという展開に持っていきやすいわけですし!

 

次週からの物語がどう展開されていくか楽しみにしましょう!

 

 - マンガ/アニメ