桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

才能で片づけるのはもったいない!訓練で右脳を活性化させて写真記憶を発動!

      2016/04/20

20160312_I_8_

『写真記憶』と言われると言葉じたいは聞いたことがなくても、なんとなく意味はわかりそうですよね。『映像記憶』とも呼ばれ見たものをそのまま画像としてインプットする手法です。

この能力を持っていると見たものを1瞬で確実に記憶ができるということで、漫画にありそうな能力ですね。

先天的にこの能力を持っている人も稀にいるようで、小さい頃にもってた!や高学歴の学校だと『すごすぎて気持ちが悪い』等という称賛?を受けるような事態になるようです!

 

記憶領域の違いなのか?左脳と右脳の違い!

普段だいたいの人は左脳を使って物事を覚えます。意識を使った記憶という領域は『左脳』の領域なので論理的にその記憶を覚えるのですが、右脳の場合は無意識化での記憶となり、また右脳の記憶力は左脳よりも膨大な記憶領域をもっているのです。

例えば、ご飯を食べる時に左手と右手にお茶碗とお箸を持ち、自分の好きな順番で食べていきますよね。いちいち論理的に思考していてはご飯もおいしくないでしょうし・・・。

そういう無意識でも行うような記憶は右脳が司っていてそれらの領域を使用して写真記憶を可能にすることができるのです!

 

右脳を使う訓練?

訓練と言ってもすることは至ってシンプル!

色々と訓練法もありましたが共通して言えることは『見たものをそのまま画像として描く訓練』という形でした。

『風景などを写真に撮り、その写真と同様の絵を描く』、や『5色のカードを並べて1瞬見たのちにそれを描く』等、また失敗じたいも問題ないようで『脳は繰り返しや失敗をすることで記憶や理解をする』のだとか!こうやって書いていると勉強の予習復習等と一緒な感じがしますよね。

そこで一点気にする所があり、上記の作業は『色の配置』も重要なのだそうです!

何段の何行目~とか3本目の木の~とかの数値的な情報とそれに付随する色も同時に覚える訓練をすることで画像として記憶に定着させやすくなると!

また、がちがちに緊張や意気込んだ状態ではなくリラックスした状態を作り出すことも重要とのことです!

 

こうして整理してみると
  • 写真や画像、物などを見たまま描く特訓をする(瞬間的に見てそれをすぐに描くというのが効果的?)
  • その際に色についても同様になるよう意識すること
  • リラックスした状態を作りだすこと
このポイントを抑えれば明日?からあなたも記憶能力者の仲間入りですね!!

一度見たものを細部まで覚えていてかつそれがいつまでも思い出せる・・・。まさに脳のハードディスク化と言った所でしょうか?

わかりやすい天才としての能力を発動できるかもしれないチャンス!みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

 

 - 生活・小ネタ , , ,