桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【艦これアーケード】秋イベント 初めてイベントをする提督さんへ ボス特効装備レシピ付き

      2016/10/10

20161004_i_2_

10月4日に秋イベント『第壱回 期間限定海域:敵艦隊前線泊地殴り込み』の情報がSEGA公式で発表されました。

ある程度提督たちの予想は当たっていたようです。

作戦概要は公式を見ればわかりますので、ここではブラウザ版を踏まえて『艦これのイベントが初』という方向けに情報を整理しておきたいと思います。

10月10日追記こちらも合わせてどうぞ『秋イベント実装艦情報 追記

スポンサーリンク

丙とか乙って何?

公式にいきなり登場する出撃制限。

 

その中に『丙作戦』『乙作戦』なるものがあります。

 

初見の人でもある程度想像がつく説明となっていますが、ここでも改めて説明を。

 

この丙や乙は難易度の設定となっています。

 

ブラウザ版では高難度から順番に『甲』>『乙』>『丙』の3段階で構成されています。

※今回SEGA公式情報にて『甲』は実施されない旨は書いてありましたね。

 

ブラウザ版では難易度は『ある程度自由に選択』することができます。

このある程度というのは、前海域を攻略した難易度+1段階までしか選択ができないということです。

例1:海域1(丙)⇒海域2(乙)⇒海域3(甲):○

この例1はOKです。

例2:海域1(丙)⇒海域2(甲):×

この例2の場合、丙から甲にしようとしているので選択が不可能ということになります。

 

今回のアーケードの説明を見ていると上記のようなブラウザ版の制限方式ではなく、最初は全員『丙』で攻略が必要となるようですね。

 

ちょっと公式の画像を拝借して気になる所を。

20161004_k_30_

上記の情報を整理すると以下のことが言えるかと思います。
  1. 全ての提督は『丙』作戦から開始
  2. 現状見る限り4MAPを攻略すると、4MAP目の追撃戦として『掃討戦』を行うことが可能
  3. 説明から考えると『イベント新艦娘』はこの『掃討戦』MAPでのドロップの可能性が高い
  4. 『丙』作戦の『掃討戦』を行った提督は『乙』作戦に移行することも可能
  5. 画面からの判断だが『掃討戦』実施後の周回は、『丙』『乙』どちらを選んでも1MAP目からの可能性が高い
20161004_k_31_

現在の情報から見るとこのような流れとなりますが、気になるのは『掃討戦でのドロップ率』でしょう。

 

海域突破報酬で『翔鶴』や『瑞鶴』を用意してくれているかもという可能性はもちろんありますが、ドロップの場合このイベントMAPを延々と周回することになるような・・・。

 

しかも今の段階ではそれぞれの海域にゲージがあるため、1度攻略しただけでは次のMAPに行けない可能性大です。

 

ここで難易度『丙』と『乙』でやはりドロップ率が変わってくるのを期待したい所ですね。もちろん突破報酬も!

 

ブラウザ版の特性を最初から導入?

また、ボスの情報として『泊地棲鬼』に対して有効な装備があるとのこと。

20161004_k_32_

こちらブラウザ版提督にはお馴染みになるのですが、『陸上型のボスには三式弾』という特効があるんです。

 

これはブラウザ版の場合、初回イベントではなく提督たちのトラウマとも言える『アイアンボトムサウンド』で実装された特殊攻撃なんです。

 

史実ネタとして、このアイアンボトムサウンドのボス『飛行場姫』とは『ヘンダーソン飛行場』をモチーフにしており、このヘンダーソン飛行場を史実では三式弾を使用して攻撃したことからこの特殊攻撃が生まれたのです。

 

なので、今のうちから『三式弾』はこつこつと開発しておきましょう!

20161004_k_33_

一応こちら私のお勧めレシピです。

秘書(戦艦):10,90,90,30 三式弾と徹甲弾と15.5cm副砲が狙えるレシピ

秘書(空母):20,90,60,100 三式弾と烈風と流星改と彗星十二型甲が狙えるレシピ

重巡や戦艦の3,4番目候補に使える副砲レシピが好みなのですが、烈風や流星改の数を揃えたい!という方には、艦載機レシピをお勧めします!

 

今は情報はでていません。

ブラウザ版で現在提督をイベントで苦しめている要因があるので、一応小耳にはさむ程度に。

 

それが『出撃制限』です。

 

何を言ってるんだ。それは艦種縛りでしょ?という方もいるかと思います。

 

ですが、ここでいう出撃制限とは

『決められたイベント海域に出撃した艦は以降のイベント海域で出撃できない』

という制限なんです。

「例:よし!!!嫁艦前回で海域1突破したぞ!!!次もいくぞ!!! →出撃不可」と言うことです。

 

ブラウザ版ですとそのような海域に出撃した艦には通称『ハンコ』が押されるので一目でわかります。

 

さすがにいきなりここまで制限かけることは情報も出ていないのでまず、ありえないと思いますが、ブラウザ版ではそんなのもあるんだ~程度に覚えておいて頂ければと思います。

 

現状まとめ

ブラウザ版は手探りがとても多いのですが、アーケードでは事前の情報が豊富なので対策を立てられるのが救いと言えるでしょう!

 

大人気の『翔鶴』と『瑞鶴』むしろこれくらいの難易度があって当然という意気込みで!

 

まだこれから驚くような情報が出てくるかもしれませんが、どのような情報が出てくるかどんなイベントになるのかを予想している時というのもイベントの楽しみの一つなので、

こんなんむりだよー!

とかピリピリせずにこの事前期間も楽しみながら、良い艦これアーケードライフを満喫していきましょう!

 

 - エンタメ, ゲーム, マンガ/アニメ