桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【女子マラソン】リオ五輪の代表争いは一旦決着?名古屋ウイメンズマラソンが終わり選考レース終了!

   

20160312_I_4_

名古屋ウイメンズマラソンはリオオリンピックの代表の先行レースでもあります。そのレースが本日行われました。

結果は以下の通り。

優勝:キルワ(バーレーン)

2位:田中智美

3位:小原怜

 

レース内容としては30kmを過ぎたあたりからキルワがトップに躍り出てそこからペースを一気に上げて逃げ切る形となり『2時間22分40秒』でゴール!

後続の日本人トップ争いですが、ゴール目前まで競い合う見応えのある内容に!

キルワに唯一食らいついてた田中ですが、ペースを上げていくキルワに置いて行かれる形となってしまいます。そしてそれを捉えたのが小原でした。37km付近で追いつくとそこから両者ともに譲らないまま名古屋ドームまで接戦が繰り広げられます。

そしてゴール直前でのスパート。ここで前に出たのが田中でした。このスパートが明暗を分けこのまま両者ゴールとなり2位の田中は『2時間23分19秒』、3位の小原は『2時間23分20秒』という『1秒差』の結果となりました。

マラソンで1秒差の結果というのは3位の小原からしたら悔しい所の気持ちでは済まされないでしょう。現にゴール後には小原は倒れたまま涙を流していました。

このレースを持ってリオオリンピックの代表選考レースが全て終了となり、陸連から3名の代表者の発表を待つ状態になりました。

 

順当な流れでいくと福士、田中、伊藤で決定?

リオオリンピックの女子マラソンの枠は3名となっており、すでに伊藤舞が内定をもらっている状態となっています。なので残る枠は2枠。

その枠が未決定だったため、この名古屋ウイメンズマラソンにも福士は出場する姿勢を見せていたのですが、陸連から出場を回避してほしい旨を要請されそれを受けて今回は未出場となっています。

選考レースは3つあり、今回の名古屋ウイメンズマラソン以外の選考レースは『さいたま国際女子マラソン』『大阪国際女子マラソン』となっています。

『さいたま国際女子マラソン』では1位はエチオピアのアツェデ・バイサ(2時間25分44秒)、2位が吉田香織(2時間28分43秒)

そして『大阪国際女子マラソン』では1位は福士加代子(2時間22分17秒)で、2位は堀江美里(2時間28分20秒)

そして今回の『名古屋ウイメンズマラソン』の結果を踏まえると残り2枠は、『福士』と『田中』になる可能性がとても濃厚ですね!

何よりここで福士が落選したりするとなんのために出場回避をしたのかわからなくなりますし・・・。

 

まとめ

リオオリンピックまで半年を切りどの競技も代表者が選出されていっています。

今回の女子マラソンの代表者発表は3月17日、それまでは残り2枠を争う人たちには気が気ではない状態かもしれません。

ですが、4年に1度の祭典。オリンピック!誰が選ばれたとしても選ばれた選手にはぜひ頑張って欲しい所ですね!

 

 

 - スポーツ , , ,