桜花爛漫

最新ニュースが咲き乱れる!巷の話題をお届けします!

【ジャンプラ】オニマダラ 第3話 桃太郎赤ずきん以外の超越者!孫悟空の他は?予想が・・・

   

20161001_i_2_

前回は第1話、第2話を続けて掲載されていたオニマダラ。桃太郎と赤ずきんが『超越者』として扉に導かれた所で締めとなっていましたね!

今回の第3話は導かれた超越者たちの集結から描かれています!

スポンサーリンク

斉天大聖 孫悟空が見える!

20161001_i_2

道かれた先は天空に浮かぶ小島。

 

そこに他の世界から集められた超越者たちが集っています!

 

桃太郎や赤ずきんにも言えることですが、一見で判別するのは困難な描かれっぷりとなっています。

 

その中でも孫悟空(斉天大聖)は分かりやすくてとてもいいですね!頭のワッカはさすがにトレードマークと言えるでしょう!

 

孫悟空といっても、日本で有名なほうの孫悟空ではないので注意ですよ!あっちが出てきたら超越者とかそういう次元の話ではなく、全員のして物語が終わってしまいますので。

 

超越者を迎える神

そして超越者をどどん!とお出迎えする神様も登場!インパクトありますね。

20161001_k_4

とりあえずでかい!最初のインパクトは十分かと思います!

 

そしてお決まりと言えるでしょうか。願いを叶えるための神の条件第1弾!

 

まずは『超越者同士の1:1の殺し合い』が始まります。

 

ですが、桃太郎自身はすでに勝つ負ける等に興味はなく、自分自身で死ぬ方法を考えるので元の世界に帰せと神に言うも認められず。

 

ここで早くも桃太郎と赤ずきんが激突するわけですが、鬼の力さえも目覚めた桃太郎の前に狼の力を持つ赤ずきんは、まったく歯が立たないという状態です!

 

歯の立たない赤ずきんは自身の姿を狼に変貌させてまで全力で挑むもあっさりと返り討ちに合うわけですが、その返り討ちで赤ずきん自身は目を覚ますわけです。

 

「狼の姿に変貌し己の欲望のために力をふるっていたら、元いた世界の狼たちと何も変わらない」ということですね。

 

と、悟った赤ずきんは桃太郎に自分の命を絶つように哀願するというちょっとギャグを交えた展開に。

 

ですが、それすら認めない桃太郎。そこに対してさらにお願いを。

 

赤ずきんが桃太郎の牙となり一生服従するというなんともうれしいお願いが飛び出すはめに!

20161001_k_5

言われて焦る桃太郎に、言って焦る赤ずきん。なんとも微笑ましい流れですね。

 

そして桃太郎の鬼の角をみながら、自分の獣の耳を動かしどこか似ていると親近感を覚える赤ずきん。

 

照れつつも軽く心を開き自分の名を教える桃太郎こと朧。

 

笑顔で受け入れ答える赤ずきんことメイリィ。

 

二人の間に優しい空間が流れ。

20161001_k_6

さすがすぎる展開です。

 

この手の流れは引き込み具合が物をいいますが、これはショッキングでしたね。赤ずきんが野生の本能を持ちつつも愛らしいキャラだったので・・・。

 

このような主要人物に近い位置として登場したキャラがいきなり退場というのは、心にきますが引き込まれ具合も凄まじいものがありますね!

 

キングダムでの『王騎』の復帰戦初陣での退場、初期の漫画版テラフォーマーズ『シーラ』の退場などこれからなのかと思うキャラの唐突の離脱はインパクトとしては大きいですね。

 

神は傲慢にかつたんたんと「人の理を超えた罪人は神によって生かされている」と語ります。

 

本来なら即刻殺さなければならない存在とまで。

 

それを特別に生かしてやってる以上、お前たちは神に生かされているとまで言い放ちます。

 

それを聞いた桃太郎はこの神に鬼と同じような嫌悪を覚え神自身を殺す決意を固めるわけです!

 

この勢いというかテンポの良さは読んでて気持ちいいですね!

 

神自身も締めで思う所があるようなことを言っていましたがこれからどのような展開になるのか!

 

さっそく以前の予想である桃太郎がラスボス、それに立ち向かう赤ずきんの構図がまったくカスらなかったわけですが、次号を期待したいと思います!

 

気になりすぎる残りの超越者

残りの超越者は誰だろうと気になりますよね。。。

20161001_i_2

基本的に物語の主人公格として考えた場合

 

一番右側、これ大丈夫なのかなと思うのですが、『ソゲキングじゃなかったらピノキオ』くらいしか特徴からは予想がつきません。

 

右から2番目は斉天大聖の孫悟空ですね。

 

残りがさっぱりと言っていいほど予想が立てられません。

 

お伽噺の有名所の『きんたろう』や『うらしまたろう』はパッと見いないかな、と。

 

かぐや姫や外国になりますが灰かぶり(シンデレラ)もさすがにこの中にはいないかな、と。

 

この手のパターンは有名所のキャラに加えて、ちょっとマイナー作品の強めのキャラが登場するのがセオリーかなと思うのですが、

 

桃太郎と赤ずきんをこのパターンで見せられても確実にわからないので、ドキドキしながら待つしかなさそうですね!

 

ちょっと話が進めばヒント等も見えてくるかもしれないのでここは次週からも期待していきたいと思います!

 

 - エンタメ, マンガ/アニメ